ヨットの屋外チークを長持ちさせる方法

マリン系

屋外チーク材を紫外線で守り長持ちさせる方法

私はヨット歴40年近くになりますが、長年に渡り野外チーク材の劣化を防ぐ為、色々なことを取り入れてきました。
チークデッキに塗る、チーク専用のチークワンダー、チークオイル、ニス、その他いろいろ試してみましたが、結論から言ったらニスが一番いいと思います。

まずチークワンダーですが、二種類の薬剤を使いますので汚れは落ちますが、ワイヤーブラシで薬品を使って水と一緒に流れ落とす度に、チークが摩耗して減ります。
こんなことを年に二回くらい行っていましたが、チークがやせてしまいます。

次にチークオイルを使用した場合、何度も重ね塗りをしていく度に、チーク色が濃くなってチークの風合いが出なくなってしまいます。
つまり、オイルなのでチークの木にはいいのですが、オイルだけあって油だからホコリを呼んでることと同じになるわけです。

となると、ニスが一番いいことになります。
シッケンズというメーカーで滑り止めの砂が混ざったニスがありますが、どちらかと言うと色が茶色ですので、せっかくのチークが死んでしまいます。チークの飴色がいいですよね。

屋外用のクリアーのニスを薄めに塗っておくのがお勧めです。
ニスは表面に幕がはりますので、細かいホコリや砂は、チークワンダーやチークオイルと違ってチーク材の目地に浸透していきません。
ニスで表面が処理されていれば、水で流すだけで汚れは落ちます。
参考になれば幸いです。

イチオシです

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アサヒペン 超耐久屋外用ニス 1.8L 透明(クリヤ)
価格:4,170円(税込、送料別) (2024/3/2時点)

楽天で購入

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました